ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

2017-06-11から1日間の記事一覧

ブログ小説「妖精の休日」その132

人が死ぬと 何かと 慌ただしくなります。 医師や ヘルパーや 葬儀屋さんが やって来ます。 弥生の家は 門徒で 父親の 月命日に いつもお寺さんが やって来ていました。 そのお寺さんにも電話して 枕経を お願いしました。 お葬式は 斎場の都合によりますので…