ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

小麦粉のしょう油をつけたお菓子

しょう油の小麦粉の菓子

「満月ポン」と呼ばれるお菓子ご存知でしょう。
小麦粉を膨らし粉とともに
焼いて回りにたっぷりとしょう油をつけて
もう一度焼いて風味を高めているお菓子だと思います。

このお菓子が子供のとき一番食べたかったお菓子です。
そろばんの塾に行っていたころですから、
10歳頃でしょうか。
そろばんの塾を待つ間
みんなは、どこからともなく
それを買ってきて食べているのです。
きっと、近くの駄菓子屋さんで
買ってくるのだと思います。
値段は、たぶん大きいものが10円
小さいもの(と言っても長径12cmくらいあったように思います)
で5円だったんじゃないかと記憶してます。
寒い木枯らしの日も 夕日がきれいな日もです。
そのお菓子は、やけにいい香りを放つのです。
食べた後も吐く息が、
夕食前の私に襲いかかるんです。
買えばいいと皆さんは、
思うでしょうが、
私には、お小遣いは、ありません。
私は、今もお小遣いはないのですが、
当時もまったくありません。
それは、わたしの家が倹約家だったからでしょうか。

いずれにせよ。そろばん塾が終わると
小さい自転車を
思い切り漕いで、
夜道を帰ったものです。

なお今は、しょう油は、食べることのできない
食品になっていますので
そのお菓子は、今は、食べられません。
昔食べられなかった不幸より
今食べられない不幸の方が
強いと考えています。