ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

アスカルの飼い主の屁理屈 差別

アスカルの飼い主の屁理屈 差別

このカテゴリーは、
何の根拠もない事柄を
あたかも理由があるように
私アスカルの飼い主が論述するものです。
たぶんに妄想が含まれますので
真に受けないで下さい。
『決して他言は無用です』
言ったあなたが恥をかきますから、、、

本日は、
少し重い題材です。
特定の人に
述べているものではございません。
私自身の差別についての不合理を
述べているものです。

日本国憲法においては、
第14条に
「すべて国民は、法の下に平等であつて、
『人種、信条、性別、社会的身分又は門地』により
、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」
と決められております。
反対解釈すれば
『人種、信条、性別、社会的身分又は門地』以外では、
差別をしてもよいことになります。
代表的なものに
学歴・財産額等があるのではないでしょうか。
就職の時に
「大卒に限る」ことは
問題のある差別ではありません。
また
財産の多寡によって 会員に成れたり成れなかったりするのも 差別ではありません。

しかし本当にそれでいいのでしょうか。 財産の多寡については、 今回論述しませんが 相当問題が多いように 思います。

もっとわかりやすいのは、 学歴に関しての 差別です。

「学歴=能力」とは決して限らないのが 現実であることは、 皆様の経験から おわかりのことと存じます。 でも少しは因果関係が 認められるのも 事実です。

学歴→能力に歴然たる差→役職に差→お給料に差

となる理屈です。 もっと他のこ

これは、屁理屈ですので
真に受けて
抗議のメールはしないで下さい。