ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

基本情報技術者試験を受けてきました。 その3

スリリングで
かつ日本の将来も分かる
試験でしたが
私のはもうひとつあったのです。

試験場が母校だったんです。
国家試験なんかは、
よく母校が使われるのですが
今回も母校だったんです。

大学を卒業し
もう29年も経つのですが
昔習った教室で
受験でした。

大学内には、
立派な学舎が
グラウンドを潰して
立派に立ち並んでいるのですが
私の習った
学舎は、
10年1日が如く
変わりません。
窓のスチールサッシが
アルミになったのと
スチーム暖房が
ファンコイルユニットになったくらいでしょうか。
トイレのドアのノブも
全く変わっていません。
真鍮の輝きがある
ものでした。

ひとつだけビックリしたのは、
机と机の間隔が
狭いことでした。
こんなに狭かったかな~
と思うくらいです。

例のメタボリックな人なら
座れないくらい
狭いように思いました。

やせていてよかった。
そうですよね。