ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ロフトで南部せんべいをどうぞ 8話

床に落ちた
南部せんべいの袋を
夕子は慌てて拾いました。
徹も手伝いました。

徹:
職場にお土産ですか。
大変ですね。
南部せんべいはお土産に手頃ですね。
僕も今度買ってみましょう。


夕子:
あっ あー
そうですよね。
私も好きなんで
とおるもたべてみる?

と言いながら
飛行機に向かいます。

飛行機に乗ると
夕子は座席を探し始めました。

その時徹は
乗務員に
座席のことを話をしていました。

夕子の隣の席になるように
お願いしていたのです。
飛行機には空席があったので
少し乗務員は待つように
徹に行っていました。

すべての乗客が
飛行機に乗ったとき
乗務員が
夕子の所にやってきて
徹の隣の席が
空いているから
替わるように行ってきたのです。

夕子は乗務員の言うように
席を立って
徹の隣に座りました。

徹は
「すみません。
隣に来てもらって
すみません。」
と恐縮して
言いました。

夕子は
「いいえ。
大阪まで
ご一緒しましょ。
南部せんべい召し上がります?
この南部せんべい おいしいですよ」
と言って
徹に南部せんべいの袋をひとつ差し出しました。

徹:
ありがとう。
食べても良いの
数足りるの?
本当のことを言うと
南部せんべい
食べたことないんだよね

岩手に二度来ているけど
食べる機会がないもので

夕子:
そうなの
この南部せんべいは
地元では有名な店の逸品なんですよ。
パリとしていて
その上軟らかいです。

などと
夕子お得意の
南部せんべいのうんちくを
長々と
述べるのです。