ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

東男と京女の恋 7話

隣の席で
武が
恋愛論を
述べたのには
驚きました。

そのようなこと私が聞いても
仕方がないと思うのに
なぜ話すのか不思議でした。

でも
この場を立つ事は出来ません。
新幹線の3人席の窓側に
すわってしまった由美は
動くことが出来なかったのです。

それにもう横浜も近いし
品川の次の終着駅の
東京です。
もう少し我慢我慢でしょうか。

でも由美は
少し楽しんでいました。
平凡な学生生活から
社会人になる人生の
変わり目に
こんな風に
波瀾万丈に仕掛けてくれて
ありがたいかなと思っていました。

それに
武の恋愛論
よく聞いてみると
なかなか筋が通っていて
内心は
少し喜んでいました。

それで武に
言ってみました。