ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

東男と京女の恋 14話

武は
ちょっとした小細工をしたことに
後悔しました。

武:
それで何だけど
今から
食事どうかな。
まだ食べていないんでしょう?

由美:
ごめん
今日は用事があるの
今日はダメなの

武:
残念だな
じゃ今度の
土曜日はどうかな
渋谷のリゾット屋さんに行かない?
それから映画でも

由美:
うー
どうしようかな

武:
じゃあ じゃあ
日曜日はどうかな
今度の日曜日は
天気だと言ってたよ。
もうネタ話はしないから、、、

由美:
どうしようかな。
ネタ話しないことは良いけど
話がなくなると
どうする気なの?

武:
それは困りますよね。
でも
何か熱意で考えてみます。
熱意では
考えられないかも知れないけど

由美:
そんなこと
熱意で乗り越えなくても
だまっていたら良いんじゃないの

武:
その手があったね
黙っていたら良いんだ
でも
沈黙が少し私は怖いんだ。
黙っていると
おもしろくない男とおもわれはしないかと

由美:
そうかも知れませんね。
でも
沈黙もまた楽しいようにしなければならないのでは

武:
うー
それは難しい
黙っていても
楽しいって
難しい限りだ
とても私の能力では
不可能です。
やっぱり熱意しかないのかな

由美:
そう深く考えなくても