ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの71歳の老人の日記です

アパートからゴキブリを駆除退治するために

清潔なアパート目指すためにゴキブリを駆除たいじすることに努力しています

ゴキブリの習性

ゴキブリを駆除するためにはゴキブリを知らなければなりません。


ゴキブリは節足動物昆虫綱ゴキブリ目のシロアリ以外の虫だそうです。
完全変態で卵から孵ったときから
成虫と同じような形をしていますが
羽がないらしいです。
世代は意外と長い

私が見かけたゴキブリの幼虫は成虫のようにグロテスクではなくて
1匹だけなら見ようによっては可愛い虫でした。

ゴキブリの侵入を防止する

そんなゴキブリがまず部屋に現れるのは大きな成虫です。
成虫には4枚の羽があって少し飛ぶのは苦手のようですが
『飛行して』あなたのお部屋にやってきます。
大きな成虫ほど良く飛ぶように思います。
そんな大きな成虫がお部屋に侵入できるのは
その薄さにあります。
薄い体のゴキブリはちょっとした隙間や出入りした隙に
お部屋に侵入します。

一度侵入したゴキブリは
・台所の流し部分
・空き缶や空き瓶の周辺
・キッチンの引き出し
・浴室
・トイレ
などに潜んでいます。まあ、ここだけでなく、どこでもいます。

まず侵入を防ぐことが肝要です。
入ってくるのは窓や扉周りや換気扇換気口排水口などの開口部です。
これらの付近に暑くなる前に残効性のスプレー剤を少し多めに噴霧します。
出来れば外側からの方が良いでしょう。

その次にゴキブリの俳諧経路や棲み家をなくすようにします。
ゴキブリが棲めるような隙間を無くします。
家具などを置いて出来てしまった隙間には残効性のスプレーを散布します。
ゴキブリは隅を徘徊する習性がありますので床と壁の隅壁と壁の隅にも散布します。

このようにしておくとたとえ防衛戦を突破して侵入したゴキブリも
卵を産み付けるまでに駆除できます。
スプレーの効果は3ヶ月くらいなのでこまめに再散布しましょう。

棲んでいるゴキブリを駆除するためには

小さなゴキブリを見かけたりごま粒状の糞を見かけたりあるいは極端にゴキブリの臭いを感じたときは、多量発生しているか間近です。
ゴキブリの糞を発見したら、まずは糞を除去しましょう。
そして、その後洗剤で掃除しておきましょう。
その後例によってスプレーするのは言うまでもありません。

場所が限られておればスプレーのみで良いと考えますが
ゴキブリが広範囲におるとなれば燻蒸剤バルサン・アースレッドを2週間おいて2回する必要があります。
(ゴキブリの卵には効かないため)

ゴキブリが棲めないお部屋に

最初に述べましたようにゴキブリはしシロアリと同じ目に属しておりシロアリが水分を好むようにゴキブリは水分なしには生きていけません。ゴキブリの棲みにくい環境とは水がある環境です。

そのためには、次のことに注意しましょう。
・食べ物、食べ残しを放っておかない
・流しのシンクの中に汚れが付いたままの食器を水につけて置かない
・ビン、缶はきれいに洗って乾燥させてから捨てる
・キッチンを使った後は乾いた布で拭き取っておく。シンクのゴミの三角コーナーは置かないようにする。、
・浴室を使った後は拭き取るか換気扇を回しておく
・排水口を清掃する
・隙間をなくす
生ゴミを置かない 置く場合は冷凍庫かスプレーしておく


その他の有効な方法
ホウ酸団子等の毒餌・コンバット・粘着型ゴキブリ捕捉剤
密閉されている空間なら揮散式薬剤バポナが著効 実践例は 清潔なアパートをご覧下さい。