ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

過去に戻ってしまったわ? 第47話

癌とわかって
野村は
ホッとしました。

医師の説明では
ごく初期で
手術が充分に間に合うと
言っていました。

真由子が言うには
前の世界では
約1年後に
わかって
手遅れになると言うことでした。

1週間後
野村は手術をします。
手術後の説明でも
摘出した胃の一部を
見ながら
裏まで癌がないと言うことでした。

しかし麻酔が覚めて
ICUで面会した野村は
「痛い
痛い
こんな痛いなら
死んだ方がまし
、、、」
と真由子に
言ったので
真由子は
「残念でしたね
あなたは
死ねません。
生きるしかありませんよ
何年も何十年も
私と一緒に
生きるのよ」と
笑いながら
答えました。

野村も
笑おうとしたのですが
痛いので
笑いを
かみ殺していました。

3日後に
ICUから出て
6人部屋に変わると
看護婦さんが
早くトイレに行って
運動するように
野村に言ったので
これも痛い思いをしながら
トイレに行っていました。

つらい入院も
1週間後には
痛くなくなりました。
そして
2週間後に
退院の運びとなります。
2週間分の抗がん剤を受け取り
家に帰ります。

安全を見込んで
胃を全摘してしまったので
たくさんを一気に食べられないの
ちょっとずつ食べていました。
それと
麺類は
詰まって
うまくおなかの中に入らないので
うどんやラーメンは
真由子は作らないようにしていました。