ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

特にどうでもいいお話 4題

今日はどうでもいい話を
4題



今日は東京出張です。
東京は久しぶりです。
前回は毎日のように病気のお見舞いで
上京したものです。

今回は
仕事上のことで
別に急ぎのこともなく
ゆっくりと行こうと思います。

ゆっくりと言いながら
朝6時の始発ののぞみですので
4時11分に起床しました。

でもいつもなら
4時ごろから
起床する6時半ごろまでは
ベッドの中で
まぶたを閉じながら
ごろごろしているだけなんですけど
、、、。

私の睡眠ははなはだ
他の方と比べると変わっております。

私は寝入りは極めてよろしいらしく
子供の話によると
床に就いたと思うと
直ぐ高いびきで寝ているそうです。

しかし
何もなかったら
二時間おきに目が覚めます。
その度に
トイレに立ちます。

直ぐに寝入れるときもあれば
寝付けないときもあります。
子供の時からです。
確か中学生のころでしたでしょうか。
眠られない日が続いた時
私は発見したのです。

夜の時間が早く過ぎることに気が付いてのです。
昼間起きている時には
時間はそんなに早く過ぎない。
熱心に何かしていると
時間の経つのが早いと人は言いますが
私にはそうは思いません。

でも寝ているときは
時間の経つのが早い
起きていると思っていても
本当は寝ているのではないでしょうか。

きっとそうなんでしょう。
そうでないと
床に入っている
半分位しかねていないと
昼間眠たくて仕方がないですものね。

皆様そう思いませんか。
___________________

新幹線の
乗務員の方は
いつもスクワット

検札で
車内を回られる
車掌さん
は大変ですよね

乗車券の拝見と言って
回るのですが
こちらが座っているためでしょうか。
頭を下げるのではなく
腰を下げておられていました。

それってスクワットですよね
足腰が強くなりそうです。

足は細い方だったのに
長年していると
きっと、、、
いや、
老後も元気でしょうね。

いらぬおせっかい申し訳ございません。


____________________
八高線は単線

八王子と群馬の高崎を結ぶJR八高線に乗ってみました。

「てっちゃん」でないので
詳しくはわかりませんが、
単線です。
八王子や高崎は繁華な都会です。
それを結ぶ地域も都会です。

そんなところを繋いでる鉄路が
単線とは
どんな理由なのでしょうか。
何かあったのかもしれませんね。

それはともかく
単線ですので
本数が少ない
待ち合わせの時間が必要な
欠点があるみたいです。

そういえば
私の近くの
福知山線も単線でした。
汽車に揺られて
トンネルが来ると
慌てて窓を閉めた思い出があります。

___________________

中央線は真っ直ぐ

皆様に本の鉄道の線路で
真っ直ぐな路線は
中央線って
習いませんでしたか。

今から40年位前
小学校で
そんな話を聞いたことがあります。
その中央線に
機会があって
乗ってみました。

ホームから線路を見ると
ズーと真っ直ぐでした。
遠く向こうのほうの
電車が
揺らいでいました。
「やっぱり真っ直ぐ」と思った次第です。

武蔵野台地はは平坦で障害物がないので出来たのかもしれません。

ただそれだけなんですけど
すみません。

___________________