ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ロフトの夢 第10話

ズーと考えていましたが
よい案は出ません。

射撃と漫画の両方することは無理でどちらかを諦めるべきですが
どちらを諦めるのも
大きな困難がありました。

そんな事を相談できるのは
高校の時の友達くらいですが
親友も
東京に進学して
相談できないし
親も
「どちらも大変ね」というばかりで
解決できません。

そこで
決められない
佳代子は
さいころで
選ぶ事にしました。

奇数なら射撃
偶数なら漫画と決めて
3回振って
多い方にする事を
あらかじめ決めておきました。

佳代子にとっては
人生最大の
岐路です。

一度目は1
二度目は6
そして
運命の三度目は3でした。

そこで
もう佳代子は
射撃に決めたのです。

佳代子は
ある面
ほっとしました。

佳代子にとって
射撃の方が
簡単だと見えたのです。

それを
両親に話すと
賛成してくれました。

直人には
直接会って
話す事にしました。

漫画の事も
話す事を決めていました。