ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの71歳の老人の日記です

お盆

旧暦の
7月13日から15日は
日本では
広くお盆の行事になります。

私の住む
関西では
月遅れの
お盆と言って
新暦の8月13日から15日に
行います。

下記は
とても
宗教的要素を書いております。
宗教を信じない方々には
少し重い記述です。
ご注意下さい。


私の家は
代々浄土真宗本願寺派の末寺
西蓮寺の檀家です。

私の母の実家も
浄土真宗本願寺派であったそうで
私の母は
深く
阿弥陀様を信仰しておりました。

朝に礼拝
夕べに感謝を
つつがなく行い
深く阿弥陀仏を頼み申し上げましたので
きっと
お浄土に往生されているものに違いありません。

私のような
不孝の子供があっても
きっと
お浄土では
御光りとなって
この世を救ってくれているものと
確信しております。

浄土真宗を信じている
信者を
門徒と言います。

門徒にとって
お盆には
行事がありません。

日頃と同じように
朝に礼拝
夕べに感謝
(あしたにらいはい ゆうべにかんしゃ)
あるのみです。

門徒以外なら
母は初盆で
迎え火とか施餓鬼とか
そんな事をするのでしょうが
門徒は
しません。

母は
お浄土に
生まれて往ったのです。

それに
母の
み光は
常に
私を
照らしてくれております。

盆だけ帰ってきて
盆が終わると
帰って行く
そんな事など
深く私を
愛してくれた
母がする訳がございません。

母が
私にそう教えてくれました。

皆様も
そんな風に思いませんか。

私は
門徒で
良かったと思います。

皆様も
南無阿弥陀仏の
ご念仏を
深く頼み参らせることを
強くお勧め致します。