ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「ロフトの妖精 スイーツ編」その39

早樹は
剛の提案を
やってみることにしました。

早樹にも
良い考えがないので
それしかないと
考えたのです。


翌朝
早樹は
明に
温度を高めて
スポンジケーキに
いろんなものを混ぜてみると
提案しました。

明は
今までの経験から
60度まで暖めても
大丈夫と
考えていました。

前にも言ったのですが
キスワンには
恒温装置が
接続されており
温水や冷水が循環することで
任意の温度に
設定することが出来ます。

社長が
独自に改造して
取り付けていました。

そこで
60度に設定して
攪拌槽に
卵・生クリーム・チョコレート・小麦粉砂糖を
投入しました。

最初はゆっくり攪拌して
加圧を始めます。

所定圧力で
所定時間攪拌したあと
圧力を開放して
蓋を開けてみました。

早樹は
今まで見たことのない現象を見ました。

攪拌羽に
何かが
垂れ下がっています。

明と
早樹は
顔を見合わせました。

早樹:
始めてみましたわ

明:
これはなんですか

早樹:
なんでしょう
初めてなので

明:
私の経験でもありません。