ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「冴子の人生は」その123

アパートに帰って
風呂にも入らず
寝ました。

キャベツ工場で
同じように働き
パソコン教室に行って
時間が過ぎました。

一年が過ぎ
パソコン教室は
修了です。

修了式のあと
また懇親会が
行われました。

冴子は
行こうかどうか悩んだ末
行かないことにしました。

行っても
お酒も飲めないし
お話も
できる余裕がありません。

夏の時は
親切な
幹事さんがいたけど
私ばかりが
迷惑かけて
無理させたら悪いと
思いました。

その当の幹事は
冴子が来なくて
残念と思っていました。

パソコン教室は
2年制です
冴子は
2年目も
頑張っていました。

それに目を付けたのが
キャベツ工場の
社長です。

キャベツ工場の
経理については
税理士の助言で
パソコンにしていましたが
在庫管理や
販売促進
労務管理
求人まで
パソコンでしたいと思っていました。

少しはできるであろう
冴子が
選ばれ
習うことになります。

寒い現場から離れて
事務になるのは
冴子は
「ラッキー」と
思いました。