ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの71歳の老人の日記です

別棟防音室を作っていますその2

楽器を使える
防音室を作っています。

外壁ができましたので
吸音材を入れました。

防音は
吸音と遮音です。

外壁は
遮音
でも
約10分の1程度の
音エネルギーは
通り抜けます。

千鳥間柱で
作りますので
内壁にも
遮音壁を
作ります。

そうすると壁は
太鼓のような状態になって
音を
大きくします。

そんな状態を
共鳴透過と言います。

そこで
吸音材を入れます。

入れると
共鳴透過が
少なくなるのです。