ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「笑顔のアイコンタクトに魅せられて」その218

美奈子さんは
良かったと思いました。

昔から
美奈子さんは
ワガママだけど
言うことには
間違いないと
思っていました。

その根拠を
美奈子さんは
知っていましたが
話しませんでした。

美奈子さんは
「次のデートの時まで
待たなくても
電話でもしたら」と
言いたかったのですが
薫子のことだから
一度決めたことを
変えないと
わかっていたので
言いませんでした。

薫子が
真剣なのは
その表情から
はっきりと
わかりました。

その時の
薫子には
いつもの
笑顔が
ありませんでした。

あまり真剣な顔だったので
夏子ちゃんは
泣き顔になってしまっていました。

しばらくの時間が過ぎて
笑顔の
薫子に
元に戻りました。

「美奈子さんが
大丈夫というのだから
きっと
大丈夫でしょう。

私待っています。」
と
言いながら
笑顔に戻りました。。