ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

短編ブログ小説「遊び人真一」その1

ブログ小説の表題「遊び人真一」は初めのうちは意味がわからないと思いますが読み続けるとわかると思います。 1


「投資家の人生は闇の中にある」と
思うのですが
生まれたばかりの
真一には
そんなこともわかりませんでした。

真一は
大阪で
生まれました。

父親は
超有名な弁護士で
美人の母親
優しい祖父母
の家族です。

父親は
大手会社の
顧問弁護士をしていて
はっきり言って
お金持ちです。

昭和30年に生まれて
贅沢はしませんでしたが
不自由な生活はありませんでいた。

ひとり息子ですので
家族の
期待を受けていました。

父親は
弁護士になって欲しいと
思っていました。

それに対して
母親は
健康であったら
良いという考えでした。

意見の衝突はありませんが
真一は
大きな期待をする父親と
違う期待をする母親の
顔色をうかがいながら
育ちました。

小学校の時から
家庭教師に
鍛えられながら
育ちましたが
小学校では
目立たない子供でした。