ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

「遊び人真一」は終わりました。

「遊び人真一」は
とりとめのない話でしたが
終わってしまいました。

なぜこんな話を
書いたかについては
言えません。


投資家には
投資家の悩みありますのね。


次回からは
長編小説「昭和」を
書き直そうと思います。

この小説は
260年間ほとんど変化がなかった江戸時代から
怒濤の変化を遂げる
明治・大正・昭和を
疾風のように駆け抜けた
人達の
物語です。


紀伝体で書くことになっています。

それぞれの生き様を
読み取って下さい。

大きな流れは
ノンフィクションの物語ですので
大きなどんでん返しがあったり
いろんなエピソードがあったりしません。

淡々と物語は進んでいきます。