ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの71歳の老人の日記です

長編小説「昭和」その84

今津は
街道筋にあります。

亀太郎の家は
街道筋から
少し離れているので
人の動きを
まともに見る事ができませんが
その噂は
充分に伝わってきます。

結婚した翌年と
初めての子供が生まれた年には
長州征伐の
たいそうな
幕府軍
西国街道を
西に進んでいきました。

亀太郎も
噂を聞いて
その進軍を
見に行きました。

初めてみたので
驚きました。

大名行列は
遠くの方から
見たことがありますが
そんなゆっくりした
行進ではなく
焦ったような動きでした。

甲冑の類は
付けてはいませんでした。

かなり
おおきな
荷物を持っていて
中間に
大砲を引っ張っている
馬がいました。

列は
朝から
昼前まで
続くくらいの
長さでした。

1回目は
戦わずに
軍が引かれました。

2回目は
幕軍は
ほとんど戦わずに
敗走する始末です。

敗走の兵隊さんは
亀太郎は
見ませんでしたが
そんな噂は
聞きました。