ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「ふたりで行くよ」その15

千香が
ボランティアに
学生生活に
活躍している頃
正弥は
目立たぬ
学生でした。

地震にあって
正弥の家族が住んでいる
お部屋自体は
ほとんど
被害はありませんでした。

部屋の中の家具は
倒れて
しまいましたが
正弥の家族に
ケガはありませんでした。

住み続けることが
出来ると思っていたのですが
それが
出来なくなっていたのです。

市の検査官が
緊急に被害調査をして
正弥の住んでいる建物全体を
「全壊」に指定して
立入禁止の
張り紙を張ってしまったのです。

そのため
正弥は
近くの
小学校に
避難を余儀なくされます。

すぐに
避難しなかったため
身を休める所が
あまり良い場所を
確保できなかったのです。

体育館の
入り口近くの
中央付近しか
空いていなかったのです。

プライバシーなど
全くない所です。

テレビ局のカメラが
昼とはなく
夜とはなく
撮影するのです。

正弥は
口を開けて
ぽかんと寝ている様子を
撮られてしまいました。