ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「ふたりで行くよ」その95

内心は
香子と話をしたいのですが
それは
千香に悪いとも考えて
躊躇していたのです。

強引な
香子に
押された形です。

「よかった
でも
大丈夫かな」と
思いました。

とりあえず
千香には
黙っていて
それから
明日の晩は
「仕事です」と
と伝えました。

千香は
帰るが遅かった日のことを
正さないことにしました。

その方が
ふたりの仲は
うまくいくと
思ったのです。

正弥が
言った
「仕事です」も
不信でしたが
一応信じている
フリをしました。

千香は
疑いで一杯でした。

その日が来て
正弥は
香子と
近くの
スタバに
行くことになりました。

スタバかと
正弥は
何か残念と
思いつつ
話し込みました。

いわゆる世間話をした後
香子は
あらたまって
相談があると
言ったのです。