ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その22

何故そんなことに気がつかなかったのだろう。
結婚した当時は
順子は
世間知らずの
従順な女性であったのです。

体は
今の世界では
27歳だけど
心は
57歳
ちょっと厚かましい女になっていたのです。

次に会える日曜日には
よく考えて
行こうと思いました。

服装も
冴子に言うような
ものにしようと決めました。

冴子も
応援してくれました。

次の日曜日
赤いスーツに
昔よくやっていたような
赤い口紅を付けて
頬紅も少し濃いめに付けました。

約束の
塚口の駅前で待ち合わせをしました。

約束に10分前に行くと
野村は待っていました。

(『そうだ そうだ
野村さんて
本当に几帳面なんですよね

待ち合わせの時間の
30分前から
いつも待っていたわね。

そうだ私はいつも時間ぎりぎりに
行ったものだわ』と
心の中でつぶやきながら
少し伏し目がちに
笑顔で
走っていきました。
こんな動作もするのも
おしとやかさを出すためです。

順子:
待たせてすみません。
急いだんですけど
何か早くできなくて私ってダメだわ

野村:
そんなに待っていません
今来たところです。

(順子は
『野村さんて
無理しているわ
もっと早く来ているに違いないのに』
とおもいながら)

順子:
そうなんですか
それなら良かった

野村:
どこに行きましょうか

順子:
私はどこでも良いです
野村さんの後を付いて行きます。
私優柔不断だから
決められないんです。

野村:
そうなんですか
前にあった時は
もっと、、、
そうなの

そう言いながら
映画館に行きました。
順子は
後から付いて行きました。