ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの71歳の老人の日記です

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その15

名前
何というのですか
教えて下さい。

(個人情報を
聞いてくるな

ハンドルネームでも
言っておこうか

でも
信じないし
何がいいかな

こっち見ている

面倒だよね)

由美子:
大場です

男性:
大場さんですか

大場と
上羽は
似てますよね

(「ば」だけじゃないの
大と
上は
全然違うじゃないの)

由美子:
そうですね

こんな話が
30分以上続いて
由美子は
約束の時間だからと
言って
やっと
その場を立ち去りました。

高校以来
男性と
仕事以外で
話したことは
親以外ありません。

冷や汗だと
思いつつ
よくもまあ
「突っ込んだよね」と
思いました。

由美子は
電車に乗って
帰りました。

家に帰ったら
3時頃で
おやつをたべながら
昼の出来事を
考えました。

値段は安いですが
学食の
Aランチの
味は
普通でした。

そんな事より
ナンパされたことが
記憶に残りました。

「私って
女としての
魅力があるのかしら

えへ

やはり
私は
美人のだ」と
思いました。

そう思うと
何か嬉しくなりました。

「でも
もう少し
イケメンに
ナンパされたかったな」とも
思いました。