ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その81

十詩子には
細かな所まではわかりませんでしたが
概要は
助手の説明で
わかっていました。

「私のかわりをする
AIができたら
私は絶対に要らなくなるわね。

でも
助手のあなたは
これを操作する必要があるから
何時までも
いるんじゃない」と
助手に言ったら
「まだまだ
AIで
代替できるほどの
力はありません。

現在の状況では
正しいか正しくないか
AIには
判断できるかどうか
わからないのです。

もう少し
進まないと
無理みたいです。

それから
私のかわりは
イッパイいますので
私自身の仕事が
いつもあるとは
限らないです。

やはり
十詩子さんは
凄いと思います。

オーソリティー 十詩子です。

憧れます。」
と答えました。