ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

トイレの水漏れが止まらないとき

トイレの水漏れについて
前にも書きましたが
わかりやすいように
書き直してみました。



トイレの水が床ではなくトイレの便器の中に漏れている・止まらないときの修理方法です。
トイレの水が止まらない時・水漏れにが起こった時にどの様に対処したらよいか詳述します
皆様の中にも困っておられる方が
いらっしゃる方がおられると思いますので
こちらのページでお答え致します。


普通のタンクが付くタイプの水洗便所についてお答え致します。
タンクが密閉されているような特殊な場合は、専門家にお任せ下さい。

A.まず水を止めて下さい

トイレの水が止まらない時この止水栓を止める水が止まらないときは、まず水を止めます。
タンクの近くにある止水栓を右に回して(時計回りです)止めて下さい。
写真のような密結式のタンクの場合も壁の角のところに3角の形をした壁付きロータンクの場合も同じです。

高い位置に付いているハイシスタンと呼ばれるハイタンク方式の場合も後で述べるボールタップについては、殆ど同じですがフロートバルブが付いておらずサイホン管全部を
交換するやり方になります。

ここでは、写真のような密結式・壁付きロータンク式について述べます。

B.どの部分が悪いかのどうかを調べる調査

  1. トイレの便器に水が少しずつ流れ続く場合は、1時間ほど水を流さず放置します。
  2. タンクのフタを開けます。
    手洗いが付いている場合は、フタと本体が管でつながっています。なるべくそっと持ち上げ隙間から覗いてどのようになっているかよく観察します。
    管がフタか本体かどちらかではずれるようになっていますので注意深くゆっくりとはずして下さい。
    無理やりすると古い部分が潰れてしまう恐れがありますのでよく注意して下さい。
  3. タンクのフタを取ると
    トイレの水が止まらない タンクの中
    写真のようにボールタップとフロートバルブが付いたサイホン管が見えます。
  4. 水の水位がどのくらいあるかよく調べます。
    水位がサイホン管のオーバーフロー管より高い位置にありそこから水が漏れている場合は、ボールタップが故障しています。
    反対に水位はオーバーフロー管より低い場合は、フロートバルブがわるい場合です。

C.トイレの水漏れの修理

トイレの水が止まらない タンク内の機器

ボールタップの交換

aの調査でで水位がオーバーフロー管より高い場合は、ボールタップを交換します。

  1. 水を止める
    タンクまわりを観察してまず止水栓を止めます。
    止水栓の回すところのハンドルが付いていない物の場合は、マイナスのドライバー または100円硬貨で回します。
    トイレの水が止まらない時この止水栓を止める
  2. ユニオンナッドを弛める
    それから水漏れしているボールタップを観察します。
    ボールタップ本体は、タンク内部にありますが取り付け用ナットは、タンクの外に付いている場合が多いです。
    また、ボールタップと止水栓とをつないでいる管を止めているユニオンナットも探してみて下さい。
    はじめにユニオンナットを緩め次にボールタップを固定しているナットを緩めます。
    古いボールタップを取り外すためには、レンチ・モンキーレンチ・ウオターポンプレンチ等のナットを回す道具が必要です。
    モンキーレンチが最適だと思います。ネジが固着している場合があります。
    トイレの水が止まらない時この止水栓を止めるトイレの水が止まらない時の原因のひとつボールタップ
  3. ボールタップの交換
    ボールタップが外れたら同じ物をホームセンターで買ってきて下さい。
    手洗い付きの場合は、今まで使っていた手洗い用に水を送る管が繋がる物でなければなりません。
    もしない場合は、手洗い用の吐水口を含めて管を新しい物にしなければなりません。ボールタップと止水栓を繋いでる
    管を止めるところに付いているパッキンも新しい物に交換する方が良いので買ってきて下さい。
    差し込み型のパッキンが入っている場合は、必ず交換して下さい。
    トイレの水が止まらない パッキン類
  4. ボールタップの取り付け
    新しいボールタップの説明書をよく読んで取り付けて下さい。
    浮き球とボールタップ本体を結ぶ棒のナットも締め付けて下さい。
    またボールタップと止水栓を繋ぐユニオンナットを締め付ける場合は、必ず新しいパッキンを入れた後適正な力で回して下さい。
    ここで言う適正な力とは、使用するパッキンの種類によって異なります。

    水が漏れるかどうかよく確かめながら締め付けていって下さい。
    強く締めすぎるとパッキンの寿命は、著しく低下します。
    必要でかつ充分な力で締め付けるのが適切です。特に管の中にさして使う差し込み型の場合は、特に注意して下さい。
  5. 浮き球の調整
    適正な水量がタンクに貯まるよう浮き球を調整します。
    オーバーフロー管等に標準水位と書かれている線があればその線までそのような物が見あたらない場合は、オーバーフロー管の先端より3cmぐらい下まで水がたまるように
    浮き球を調整して下さい。
    浮き球とボールタップ本体とを繋ぐ棒を曲げて行うタイプとネジで調整するタイプがあります。

フロートバルブの交換

オーバーフロー管まで水位が達しないのに水が漏れる場合は、フロートバルブを交換して下さい。

他にもありますが代表的物は、TOTO型とINA型です。

  1. 取り外し
    いずれも注意して現在どのようについてるか観察してから古いフロートバルブを取り外して下さい。
    特にINA型の場合は、どのようにとりついているかよく覚えておいてください。
    オーバーフロー管が古くなっていると折れてしまうことがありますので絶対にオーバーフロー管に余分な力を掛けないようにして下さい。

    レバーの方の鎖もはずすと取り除けます。大抵は、古くなっていますのでゴムの中のカーボンが手に付きますので手について困る方は、手袋をして下さい。黒い色がなかなか取れません。
  2. 取り付け
    新しいフロートバルブを取り付けます。何度も言いますがオーバーフロー管には、力を掛けないように注意して取り付けて下さい。
    バーハンドルに鎖を取り付けます。ほんの少し余裕がある長さで取り付けてください。
    取付後レバーハンドル側の鎖が外れる場合がありますのでペンチ等で引っかけ金具の先を曲げて外れないようにすると事故は少なくなります。
    トイレの水が止まらない タンク内の機器
    フロートバルブは、INA型とTOTO型があります。INA型はゴムから出ている細い棒を本体の穴に入れます。鎖を上の輪っかを通してレバーに取り付けます。TOTO型は本体から出っ張っているシャフトにフロートバルブの穴を入れ鎖をレバーハンドルに取り付けます。
  3. オーバーフロー管を損傷した場合
    この場合は、サイホン管全体を交換する必要があります。隅付きロータンクと密結式タンクで大きく異なりますが交換の作業は、少し時間を要します。
    今回は、説明を省略します。

もっと他の部分から水漏れしている場合は トイレの水漏れについてをご参照下さい。