ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

アスカルの飼い主のプロフィール その3

生まれたところ 兵庫県尼崎市の北部

私の生まれたところは
昔は
摂津の国川辺郡瓦宮(せっつのくにかわべごおりかわらのみや)
と呼ばれていました。

廃藩置県で
川辺郡園田村大字瓦宮となりました。

昭和30年頃までは
江戸時代とまったく変わりがなかったと
私の父は言っていましたから
きっと私が生まれたときは
江戸時代そのまま
時代だけが
昭和の御代になっていたのです。

この頃の
私の付近の
状況は
ブログ小説「お花見とお月見」で書いております通り
寒村というか
日本全国同じような貧村でした。

電気は
昭和の初めに来ていましたが
ホヤのある灯油ランプは
家にありました。

水道は
昭和30年代初めの頃にやっと来たような
所です。

現金収入がほとんどない家の
次男坊として生まれたのです。

尼崎なら
工場がたくさんあって
スモッグがあると
思っておられる方も
いらっしゃるでしょうが
そんなところではありません。

私が生まれた園田村は
終戦尼崎市になったところで
私の生まれた頃は
その名の通り
田んぼの中の村でした。