ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「妖精の休日」その91

その後も
高度なネジに
特化していく
経営方針で
すすむことになりました。

湖子も
会社の一員として
がんばっていました。

そんな中
地震が起きたのです。

家で
和己と
子供と
川の字に寝ていた時に
起きました。

湖子は
強い突き上げる
揺れを感じて
目が覚めると
薄明かりの中で
天井が
大きく撓んでいるのが
見えました。

和己は
子供たちに
「布団をかぶっておきなさい」と
叫んでいました。

三度の突き上げあって
横揺れに
なりました。

直後
電気が消えて
当たるが暗黒になりました。

数秒続いて
納まりました。

湖子が
住んでいた
離れは
大丈夫でした。

母親の
弥生のところに
行こうとして
歩き始めた時に
足が痛くなりました。