ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

お部屋の防犯についての(6)大阪姉妹殺人放火事件の続報

先日の報道と異なり、
「帰宅した女性を、玄関で襲って室内に押し入った」と報じられていました。
これを防止する方法は、ドアを開ける直前周りを見回わすのが良いと
言うことになっています。しかしそれだけでは、いけません。
お部屋の防犯について(1)についても述べていますが、
再度、提案します。

「帰宅した住人を、玄関で襲って室内に押し入る」手口を、
防ぐ方法として、私は、次のふたつの方法を提案します。


ひとつは、、我が家も付いていますが、お部屋のドアを開けて玄関に入った時に、
それを感知して鳴るブザーです。
15秒以内に簡単な暗証番号を押さないと大きな音が鳴ります。
お部屋に帰ってきた時、一緒に犯人が付いて入ってくると、
暗証番号を押せませんから大きな音が鳴ります。

もうひとつは、銀行にもある非常ベルです。
お部屋の数カ所にこれがあると、賊が侵入した時、
押しますと大きなベルが鳴って危険を知らせます。
上の写真は、有線の非常ベルですが、無線の無線の物もあります。

これらの音が鳴ると、共同住宅では、必ず火災報知器と間違いますので、
隣人がやって来て助けてもらえると考えられます。


上のような非常ベルが廊下に付いているだけで
犯罪の抑止力になると思います。