ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

過去に戻ってしまったわ? 第31話

真由子と野村の結婚式が近づいてきました。

真由子は
一層おしとやかに
対応したつもりですが
野村は
不信感は
段々と大きくなってきました。

ある日
野村は
公園で
あいました。

野村:
真由子さん
少し話があるのですが

真由子:
(少しドキッとして
平然を装いながら)
何ですか
改まって

野村:
君は福井の出身でしょう
工場に勤めるようになってから
この地に来たのですよね

真由子:
えー
えっ
そうですが

野村:
こんなことを話すのも
おかしいんですが
真由子さんは
私のことや
私の周囲のことを
よく知っている
話していない
子供頃のことまで
知っている様の思うんだ

真由子:
そんなことありません
野村さんが話して下さったことばかりですよ

野村:
そうかな
ぼくの家に来た時
トイレに
間違わずにいったじゃないか
ぼくの家のトイレは
知っているように
ちょっとヤヤッコシイところにあるのに
間違わずにいったり、

ぼくの家が
いつも裏の玄関から入っているのを迷わず行ったり
林のことを
よく知っているように言ったり
数え上げたら
きりがないよ
本当は
君は
ぼくらは幼なじみ何じゃないの
なんかぼく君に前にあったような気がするんだ。

眞由子はびっくりしました。
私が記憶にあるように
『野村も
記憶があるんじゃないだろうか』
と思いました。