ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

窓の防犯は棒締まりも使って下さい

クレセントは
引き違い窓の場合
「押し広げながら
引き寄せる」
と言う機能を持ちます。

引き違い窓に必要な
気密性を高めて
申し分ない機能を
クレセントは果たします。

しかしながら
その反面
クレセントの最大の欠点は
その回すところが
窓の外側から
押し込むことによって
開いてしまうということです。

詳しく述べると
防犯の面から
問題ですので
書きませんが
そんな
欠点も持っています。

特に割れないガラスでは
手が入り込むほど
割れるためには
相当な時間を要すか
特殊な工具が必要です。

しかし
小さな穴らら
容易とまではいきませんが
だいぶ短い時間で
あけることもできますし
簡単な工具でも
あけられます。

そして
クレセントを
解錠できてしまうのです。

それに対処するため
棒締まり
(写真では中折れ棒締まり)が
威力を発揮します。

手が入らないと
解錠は無理だし
それに
外からは
見えないのです。

棒締まりで
施錠されていると
外からは見えませんので
犯罪者にとっては
驚きのことと思います。

棒締まりで
完全とはいきませんが
完全に近いと
思います。

なお
普通の
割れるガラスでは
全部簡単に割れてしまいますから
窓を開ける必要がありませんので
棒締まりでも
防犯性は
全く良くないと思います。

防犯クレセントと棒締まり