ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「冴子の人生は」 その18

翌週
仕事を始めようと
準備していると
部長から
突然呼び出されました。

部長室に行くと
課長や
製造の係長はじめ
製造を担当した女工5人が待っていました。

冴子は
朝の挨拶の中で
製造部長が
「不合格品は本当か」と
いきなり聞いてきました。

冴子は
「報告書の通りです」と
答えました。

部長は
製造課長や
係長に
どのような問題で
この様なことになったのか
厳しく問いただしました。

係長や
製造の担当者は
平謝りで
痛々しいほどでした。

特に女工の面々は
隅で小さくなっていました。

なにしろ
何年間も
不合格品を出していないことが
誇れるもので
納品会社にも
そのように報告していたのです。

その信頼が
会社の業績になっていると
みんなはそのように考えていました。



冴子は
検査員として
職務をしただけですが
こういう結果になって
驚いていました。

でも
理不尽ですが
もっと
大変変なことが
冴子の身に起きてしまうのです。