ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「冴子の人生は」 その43

喫茶店には
早い目に行きました。

勇治は普通は
ほんの少しだけ
遅れて
やってくるのが
普通ですが
その日だけは
時間どおりに来ました。

勇治は
冴子を見るなり
「今日の冴子さんは何か違うぞ」と
思いました。

どことなく大人っぽくなっていて
本当の
冴子のような気がしました。

勇治:
話があるって何

冴子はそう聞かれて
まず左手を
見せました。

そこには
結婚指輪が
輝いていました。

勇治は
おそるおそる聞きました。

勇治:
その指輪は

そう聞くのが精一杯でした。


冴子:
ごめんなさい。

私本当は
結婚していたんです。

嘘をついてごめんなさい。

あなたにあったとき
そう言えば良かったのに

でも
言えなかったんです。

ごめんなさい

勇治:
そうなんですか

僕も
何となくそうではないかと
思っていたんだ

そうなら
でも
、、、、、
でも
今は
ひとりで住んでいるんじゃないの


冴子:
父親が病気のため
主人と子供は
主人の実家に行ったきりなの

でも
それを
なぜ知っているの

勇治:
ごめん
少し調べたんだ
電話番号から

冴子:
そうなの

勇治:
はっきり聞くけど
その主人と僕
どちらが
好きなの

僕は
金持ちの
遊びだったのか

勇治の声は
大きく
冴子に響きました。

冴子も
すぐさま
少し声を上げて

冴子:
もちろん
勇治さんです。

それだけはわかって欲しい
勝手な言い方だけど