ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

御信心を与えられて幸せです。

私の母は
母のお父さん
私は会ったことはありませんが
私のおじいさんのおかげで
浄土真宗に深く帰依していました。

おじいさんは
三〇才近くまで
私塾に通っていました。

浄土真宗の教えを
母に教えたそうです。

母の
浄土真宗門徒としての
行動や信心は
すべて
おじいさんからの教えなので
親鸞聖人の御教えに
忠実かどうか
私のような者には
到底わかりません。

浄土真宗の
最大のものは
他力本願の御教えと
私に
母は教えてくれました。


死ぬまでに
一回でも
どこでも良いから
南無阿弥陀仏を
唱えれば
からならず
極楽浄土に成仏すると
教えられました。

この教えが
合ったいるかどうか
私は
詮索しません。





今日
浄土真宗の
住職さんからの講話で
信心は
仏様から与えられるもので
そう言う意味で
信心ではなく
御信心と
言うのだそうです。

自分が信心するので
丁寧語の御をつけるのは
ふさわしくないですが
信心が与えられたものだから
とくに
仏様から与えられたものだから
御信心というのが適切だそうです。

私の御信心は
直接には母から
そして
間接的には
おじいさんから
頂いたものです。

そして
そのような信心を
与えていただいたのは
御仏のお導きだと思います。

御信心を与えていただき
本当にありがとうございます。


ありがとうございます。