ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「ふたりで行くよ」その57

私が
正弥のことを
思うのは
きっと何か
因縁というものが
あるのかもしれないという
考えに至りました。

「これって
運命

そんな軽い言葉ではなく
もっと
奥深い
何かが
あるのかもしれない

私と
正弥は
結ばれる様になっているのだ」と
考えてしまいました。

そんな風に考えて
一日が終わり
また
正弥の家に向かいました。

一方
正弥も
熱で少しもうろうとして
寝ている間
千香のことを
思っていました。

「なぜなんだろう

千香のことを
こんなに思うのは
いとおしく
思っているような
思っていないような
、、、、

でも
介抱してくれたし
今度
千香が困ったら
助けてあげよう
、、、、、