ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その2

鏡を見ていた
順子は
一瞬くらっとしら
次の瞬間
チューナー工場の
ラインにいました。

順子が
1979年5月23日には
チューナー工場で働いていたのです。
チューナーとは
ロータリーチューナーと言って
30年経った今では
現にそんな物を見ないし
そんな言葉を知らないと思います。
まして作っている工場は
とっくの昔になくなってしまっています。

そんな工場の組立ラインに
突然舞い戻った順子は
何だかわからなくなってしまいました。

他の人は
すべて30年前に体も記憶も戻ってしまっていますので
特に驚くこともなく
当時と同じように仕事をこなしていました。
しかし
順子は
体は戻っていましたが
記憶が戻っていない順子だけが
突然の変化に
戸惑うというか
青天の霹靂というか
訳がわからぬ出来事でした。

もっと驚いたのは
すぐ横に
冴子がいたのです。
冴子を見た順子は
つばを飲み込み
冴子に
「冴子!
冴子じゃないの?」
と大声で叫びました。
冴子をはじめ
工員のみんなは
順子の方を不思議な目で見ました。

冴子は
「何大声出しているの?
ベルトコンベア流れてるのに
早くしないとダメじゃないの。」と答えました。

そう言う冴子に
「そうよね
手を動かさなくちゃいけないわね。
どんな風にするの?」
と答えました。

「何言ってんの
職長!
交代要員を」
と大声で言いました。
すぐに交代の工員さんがやってきて
順子と交代しました。

順子は
なぜかわからないけど
仕事をしなくてはならないと
交代要員の手元を見ました。

昔やってたことだし
要領の良い順子は
すぐに思い出して
代わってすることになりました。

何か何だかわからない内に
順子は
心も
30年前の工場に戻っていました。