ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その49

前の世界で
亡くなる日を
家族4人で過ごすことになります。

野村は
なぜ今日
休んでほしいと
順子が言うのか
わかりませんでした。

手術後
定期検査以外は
休んでいなかった
野村にとっては
予定の無いこの休みを
ゆっくり過ごすつもりでした。

長女と次女が
小学校と幼稚園から帰ってきて
4人がそろいました。

子供たちは
家に帰ると
父親が居るので
とってもうれしく思いました。

こんな風に
夕方まですごしました。

野村は
夕ご飯を
作ることになります。

4人で作れる
カレーを作りました。

ワイワイ言いながら
楽しく作って
テーブルに並べました。

順子は
涙が出るくらい
最高のおいしいカレーでした。

食べ終わって
丸いケーキが
テーブルに出されました。

長女が
「今日は誰の誕生日なの
お母さんじゃによね
お父さんの誕生日?」
と聞いてきました。

順子は
「今日は誰の誕生日でもないけど
今日は
お父さんの
新しい誕生日なのよ」と答えました。

野村は驚いて
「今日がなぜ新しい誕生日なの」
と聞きました。

順子は
やさしく
「今日は
前世界では
お父さんが
亡くなる日なの
今日から
前の世界では
子供と3人で
暮らしていくのよ

寂しい世界なのよ
今日は
新しい世界の始まり
今までは
筋書きがあった世界だけど
未来は文字通り
未知の世界なの

よろしくね
お父さん」
と話して
頭を下げました。

長女は
「前の世界って何
お父さんが亡くなるって何
何なの??」と
尋ねました。