ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その61

海老沢君を含め
笑顔の順子は
人気がありました。

順子は
前の世界では
それ程の人気は
ありませんでした。

しかし
海老沢君だけは
なんだかんだと言って
毎日
ちょっとだけ話していました。

この世界でも
もちろん
海老沢君とは
話をしますし
前の世界よりも
もっと
”親密?”になっていました。

牛乳以外に
サンドイッチも
買ってくれるようになったのです。

ただそれだけですが
すこしだけ早く
売店について
店の横で
牛乳と一緒に
食べていくので
順子と
話す時間が
長くなるのです。

そして
チラッと
順子を見るのです。

順子も
気になって
海老沢君を
見てしまっていました。

忙しい時間帯ですから
それだけのことですが
そんなことが続いて
長い
夏休みになります。

前の夏休みの時は
殆ど会わなかったのですが
この夏は
なぜか登校するのです。

暇な時間なので
話す時間は
当然長くなります。