ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その9

由美子は
電車降りて
階段を下りていく
男性の横顔を
電車から見ていました。

壮観な顔つきで
男という
感じでした。

男性に不信を持つ
由美子は
男性を
じっくり観察することなど
高校以来
初めての出来事です。

観察して
その結果は
わかりませんでした。

だって
同じ試験を受けて
試験場に
リンゴとミカンと
もうひとつを持ってきていて
隣の駅に
住んでいるということしか
わからなかったからです。

情報が
全く少ないと
思いました。

そんなことを思いつつ
一日が過ぎ
翌日は
同じような毎日の始まりです。

今回の試験が
合格すれば
次は何よしようかと
楽しく
悩んでいました。