ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

寝間着(ねまき)について

子供の頃私は、寝間着で寝ていました。
寝間着というのは、就寝用の着物のことです。
冬は、普通は、ネルのような暖かい生地で
夏は、浴衣と同じような薄い生地で作られています。
私の母は、子供の頃に和裁を習得してますので、
寝間着ぐらい作るのは、簡単なことだといつも言っていました。
本当は、大変と思います。
仕事を終えてから夜なべ仕事で作るのですから、、、。

寝間着は、はだけて夏は、良いのですが、
冬は、とっても寒い。
初めてパジャマを着た時
これは、暖かいと思った物です。
夏のパジャマは、もう少し後からです。

着物は、ご存じでしょうか。
30cm巾の生地を切って作ります。
ほどくとどんな大きさにも作れます。
とても経済的な物なのです。
現金収入がない我が家では、
衣料費を節約するため、
着物を再生し、寝間着を作っていました。
それがとても経済的だったんですね。

夏の寝間着は、長く着ていました。
倹約家の我が家なら当たり前ですよね。
母は、偉いと思います。
大げさかも知れませんが、「母のぬくもり」
を感じます。

皆様は、子供の時寝間着を、着ましたか?