ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

過去に戻ってしまったわ? 第19話

前の世界では
結婚することになっている
野村とのことも
真由子は何か不安になりました。

私が冴子を
助けたことで
前の世界と
今の世界は
大きく変わってきているのではないか。
だとすると
野村と結婚も出来ないこともあり得る
と考えました。

前の世界では
冴子の代わりに
課長に勧められて
何となく野村と見合いしたら
お互いに気に入ったというか
課長の「押し」に負けて
何となく結婚してしまったのです。

結婚した後
ふたりは
だんだんと
恋人同士になっていったというのが
前の世界の
野村との結婚だったのです。

しかし今の世界でも
その様にとんとん拍子に
いくかどうか分かりません。

野村の好き嫌いは
分かっているので
とりあえず
そんな格好で
見合いに臨まなければならないと
思いました。
用意に用意を重ねて
その日曜日がやってきました。

真由子は
軽く化粧をして
髪を長くして
その先をそろえて
いわゆるワンレングスにしました。
白のワンピースを着て
黒のパンストを身につけて
黒のローヒールの靴を履いて
出かける準備をしました。

冴子はその姿を見て
「そんな格好で良いの
もう少し口紅をつけなきゃ
今日は見合いでしょう
もっと化粧をしないの

それにその服
もっとピンクとか
赤とかないの?

それにその靴は何なの
会社の面接にでも行くつもり???

あったじゃないの
赤のスーツが
そんな質素な服で良いの??
課長びっくりするよ」と
激しく言われてしまいました。

でも真由子は
この風体が
一番好きと
野村が言っていたのを
覚えていたのです。

それで
「冴子
私がリサーチした限りでは
これが一番受けるのよ
とにかくこれが良いの」
と答えました。

冴子は
いつの間に
真由子がそんなことを知っていたのかと
そして
自信たっぷりと話すのを見て
少し
不審に思いました。