ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

「ロフトで一人暮らし」ショートショートのブログ小説 その12


宅建主任者:
こちらです。
あちらのアパートですので
2階です。
こちらのお部屋です。
電気点けてみますね。

舞:
わー
すごい
これですね

ミチル:
本当だ
これはすごいわ
これがロフトね
おばさんの家のロフトと
えらい違いだわ

舞:
上って良いですか

宅建主任者:
どうぞ
お気をつけて
頭を打たないようにお願いします。


ふたりは
ロフトの階段
互い違い階段を
上っていきます。

舞:
これだけあれば
広さは十分よね
明るいし
家にある二段ベッドの
上より高いから良いわ
2段ベッドの上は
私が小さい時は打たなかったけど
起きると
頭を打つのよ
この部屋なら大丈夫
それに窓もあるから
明るいわ

宅建主任者:
天窓は開きますので
窓についている
バーを引っ張ってください

ミチル:
これね
どっこいしょ

舞:
その掛け声はないでしょう
わー
風が入ってくる
空が見える
太陽の光も
入ってくるわ

ミチル:
お天道様は
見れなかったんじゃないの

舞:
えっ
裏街道を行く
あっしですが
お天道様は
どなた様にも満遍なく来てくれるものでございます。

ミチル:
そんなことは置いておいて
ホームページの通り
明るくて高くて広いロフトね
これなら
勉強はかどるんじゃない

舞:
部屋が
立派過ぎて
不合格になったら
恥ずかしいわ
部屋のせいに出来ないし
どうしましょ
ここにベッドも置けるよね
この天窓の下を
頭にすると
窓を開けると
星空が見えるんじゃないの
わー
すごいは
寝ながらにして
天体観測よ

えへっ
オリオン座の
超新星爆発を
ここから見えるかもしれないね

ミチル:
何歳まで生きるつもりなの
そんなの
何万年先でしょう

それよりも先に
窓を開けてたら
鳥の糞が落ちてくるのが先じゃない

舞:
ミチルは情緒がないの
ロマンティックに
想像しているのに
鳥の糞はないでしょう。
窓を閉めておけば大丈夫だし
鳥はこんなところで
用を足さないと思うよ

ミチル:
ロマンティックな
気分にさせるお部屋ね。
私も住んでみたいわ

舞:
私が住むのよ
お泊りに来てもいいけど


宅建主任者:
お部屋には冷蔵庫・洗濯機
ガスコンロ・照明器具
それからインターネットが付いています。
もちろんエアコン・シャワーも付いています。

舞:
インターネットは
無料ですか
簡単にネットにつながりますか。

宅建主任者:
インターネットは無料です。
有線ランを使っていますので
コネクタをパソコンにつなぐだけで
ネットにつながります。

舞:
それは助かります。
ミチルパソコンお願いね

ミチル:
大丈夫みたいよ
引越しのその日に持ってくるわ
引っ越し祝いとして
お祝い返しお願いね

舞:
わー
それのほうが高いかも
そうだ
一泊3,000円の料金を
無料にするということで
良いでしょうか。

ミチル:
それは
モーニングサービス付かしら
朝は
パンとコーヒーをお願いね
ケーキとサラダも付いているといいわ

舞:
はいはい
バターもつけておきます。

ミチル:
それなら良いわ
許すわ

舞:
こちらを借りたいと思いますけど
どうすれば良いでしょうか。

宅建主任者:
ありがとうございます。

まず条件は
家賃 ○○円
敷金が○○円
これは退去時全額返却します。
お金については
これ以外必要ございません。
それから
他に条件として
犬猫禁止・暴力団酒乱の方お断りしてます。
保証人様をご親族の方にお願いしております。
入居申込書を書いていただいております。
お願いできますか。

舞:
ハイ分かりました。


ふたりは入居申込書を書いて
駅まで送ってもらって
家に帰りました。