ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ロフトダイエット その9

ロフトダイエット その8

益雄がシャーと言う
小さな音を立てて
模型を動かしていた時間には
蛍子は退屈が過ぎたのか
寝てしまっていました。

益雄は
鉄道模型を見ていると目が冴えてきて
疲れているにもかかわらず
眠れません。

それで
ツイッターでもしてみるかと思いました。
昨日の続きとまでは考えませんでしたが
期待をして
見てみましたが
新たなフォローもなく
lofteenのツイートもなく
少しがっかりしましたが
インターネットの世界なら
こんなものと考えて
独り言ならぬ
「つぶやき」をして
寝てしまいました。

『昨日は休日出勤の上残業
今日も残業
さすがに疲れました。
でも大好きな鉄道模型を見ていると
疲れが休まります。
御一緒に鉄道模型を
してみませんか?』


その益雄の「つぶやき」を
蛍子が見たのは
翌日の退屈な晩でした。

「ほー
休日出勤だったんだ。
忙しそうよね。
私のように退屈なのもどうかと思うけど
忙しいのも
困りものよね。」と
何か安心したように
つぶやいてしまいました。

そのまま
フォローするのも
どうかと思うので

蛍子:
お仕事ご苦労様
雑誌買ってきて
読んでみました。
あまりよくわからないけど
面白そうだと思います。

また教えてくださいね。
えへ、、、

(心とは正反対のことを
と書き込むと
直ぐに)

益雄:
lofteenさん
そうでしょう
そうでしょう
鉄道模型は
面白いんだから
どんなに仕事がつらくても
これさえあれば
乗り越えられるかも

蛍子:
わたしー
がんばってー
みたいとー
思います。
明日模型屋さんに行ってみます。

益雄:
それはいい
最初は
自分が最も気に入ったものを買うんだよ
いつまでも思い出に残るから
僕なんか
小学校2年の時に買ってもらったものを
まだ走らしているもの
楽しいから
その時の思い出が走って行くようです。

(「好きなものを買え」って
そりゃ当たり前な
助言
「あんたは嫌いなものも今は
買っているのか」と
思わず突っ込んでしまいそうになりながら)

蛍子:
そうですよね
好きなものがいいですよね
私の思い出になるものを
選んでみます。
ご忠告ありがとうございます。

益雄:
残念だ
lofteenさんが
買いに行くところについていけなくて
近くだったらいいのに

蛍子:
私も残念ですわ
きっと遠いんでしょうね。

(外交辞令のつもりで
言ったものです。
「本当に買いに行くわけないだろう」
とおもいました。

そんな話も明日の
仕事のことを考えて

益雄:
明日の仕事速いから
今日はもう寝ます
お休みなさい。
明日買ったものを教えてください。


蛍子:
ハイ、わかりました。
おやすみなさい。