ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

昭和30年代初めの頃 自転車 その3

貧しい生活をしていた私に
自転車を
用立てることに成功した母は
満足でした。

さてどのように
手に入れたかというと
もらってきたのです。

当時我が家は
農家ですので
食べるものには困っていませんでした。

しかし現金はありません。
自転車を買うためには
現金が必要ですの
買うことができなかったのは
当然です。

母は
川向こうの
『住宅』と呼ばれるホワイトカラーの住む
地域に
我が家の農産物を
リヤカーに積んで
行商に出かけて行っていたのです。

母は
どのような人とも
迎合することのできる人で
よく可愛がられていたのです。

そんな人たちから
私のおもちゃをもらってきていたのですが
小さい自転車も不要になったので
もらってきたのです。

それはたいそう古く
小さい自転車でした。
補助輪も
もらってきてくれて
兄が
それに付けてくれました。