ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

アイドリングストップバスは、少し怖いかも

昨日経営セミナーに行ってきたように
書きましたが、
その交通手段は、久しぶりの
バスです。

パソコンと電気工事士の勉強で
夜間高校に通っていたとき以来です。

尼崎市バスは
良くできていまして
ノンステップバスアイドリングストップバスの普及率が
全国最高レベルだそうです。

と言うわけで
私が乗ったバスも
アイドリングストップバスでした。

赤信号で止まったときや
停留所で止まったときには
エンジンが自動的に止まるのです。

エンジンが止まると
いつも騒々しい
バスの中は
一転静寂です。

今までに経験のない
静けさで
私は
思わず
こんな静かな場所が
都会の
それも繁華な道路の上で
達成できるとは
驚き以外の何物でもありません。

しかし
この静寂
怖いところがあることが
わかったのは
あるバス停で
ちょっと怖そうな
男の方が乗ってきたときです。

彼は私の
2列後ろの席に座りました。

直ぐ後ろの席も空席でしたので
少し安心しました。

バスが発車して
次の赤信号で止まり
静寂な空間になります。

その時です。
彼は
「ピコピコ
やめんかい
うるさい」と
後ろの席で
叫んだのです。

後ろの学生が
ゲームをしていたのです。

直ぐにその学生が
「すみません」と言って
切ったので
事なきを得ましたが
もし
何か口答えでもしていたら
ぞっとします。

これが
アイドリングストップバスでなければ
ゲーム機のピコピコ音など
かき消されて
わからないだろうに
新しい静寂の恐怖です。


皆様
アイドリングストップバスの中では
不用意な音は
出されないのが
賢明ですよね。

私は直ぐに
携帯ではのマナーモードを
「電源切る」にしました。