ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「ロフトに住むレジ係」その28

面接を受けた後
加代美は
いつも
またダメだったか
とネガティブな
気持ちになります。

もう忘れようと思いますが
でも
結果が気になります。

次の次の日に
結果が
電話で連絡がありました。

いつものように
加代美は
真剣に
電話を
受けました。

心臓が
高鳴りました。

そして
加代美も驚く
「採用」の言葉です。

そういうわけで
翌日
出社しました。

同じように採用されたものは
いないようです。

採用担当者のところに行くと
採用の内容を
言われました。

採用されたのは
何とかアウトソーシングという会社です。

ホームセンターを
運営している会社では
ないらしいのです。

健保や厚生年金・失業保険などの
説明を受けました。

説明を受けた後
職場に向かいました。

職場の
主任に紹介され
研修用の
レジに案内されました。

レジの扱い方を
一通り
説明されたあと
研修用の
レジで
色んな商品を
ピッと
通しました。

こちらのレジは
もちろん
POSになっており
お釣りも
自動で出てくる
優れものです。

ただ
用紙の交換は
自動でないので
何度も練習しました。

バーコードの読み取りにも
それなりの
技術があるみたいで
細かいものや
細いものに張られている
バーコードの読み取りは
難しく
そんな時には
直接
入力することが
必要になります。

何時間も
研修用の
レジで練習した後
すいている時間に
実際の
レジをすることになりました。

研修という
腕章を付けて
仕事を始めました。

サッカーに
慣れた先輩が見ていました。