ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

立派な病院はちょっと苦手

梅雨の候
皆様には
ご健勝のことと
お喜び申し上げます。

今日は旧暦水無月(六月)九日
まだまだ梅雨盛んな頃です。

季節の変わり目ですので
体調を崩すことも
多いかと思います。

そんな時には
病院に行かれるとのが
順当です。

さて
どのような病院に
行かれますか。

病気の内容も
ありますので
近くの病院とかに
まず行かれますよね。

難病であれば
もっと専門的な病院に
行かれるかもしれません。

でも何もわからないときに
どのような病院に行かれるでしょうか。


現代は
科学が進歩していますので
お医者様とか
地域とか
専門とか
看護婦さんとか
の条件を
除けば
次のような
病院に
患者は行きたくなるそうです。


1.大きな病院
2.新築の病院
3.大きな吹き抜けのある病院
4.広い廊下・待合室がある病院
5.トイレが綺麗な病院

らしいです。

医師が好きな言葉で言えば
エビデンス(証拠・科学的根拠)があるどうです。


以下は私の私見・偏見です。
ご批判のメールはご遠慮下さい。

綺麗な病院が
本当に最善でしょうか。

綺麗な病院は
お金がかかります。

即ち
お金がたくさんないと
建設できません。

病院は
保険診療ですので
そんなにたくさんの利益を出すのは
難しいです。

ここからは
げすの勘ぐりですので
全く根拠はありません。

必要のない
診察や治療をしているのでは
ないでしょうか。

私は
そう思っています。

私は
立派な病院は
遠慮しております。

もちろん
よいお医者様がおられるようでしたら
行きますが


身勝手で申し訳ございません。