ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「笑顔のアイコンタクトに魅せられて」その137

美奈子さんと聡さんの
見合いのようなものは
続きます。

聡:
私は
親に学費をすべて出してもらって
家業も継がずに
好きな
勉強をして
あまり家にも帰りませんでした。

親孝行とは
無縁で
申し訳ないと思っていたんです。

突然の癌宣告で
びっくりしました。

『親孝行したい時に親はなし』になるところでした。

美奈子:
学業で
成功されているのですから
お父様も
お喜びじゃないんですか。

病院で
聡さんのことを
自慢されていましたよ。

『虫に
自分の名前をつけてくれた』と

聡:
そうでしたか。

知りませんでした。

見当を付けて
探すと
案外見つかるんです。


美奈子:
私に見つかりますか。

聡:
もちろん
運があれば
見つかります。

新種かどうかの
判定が
難しいですけど

美奈子:
そうですよね。

聡:
今度一緒に行きましょうか。

沖縄ですけど

美奈子:
沖縄って良いところですよね

私も連れて行ってもらおうかしら

聡:
観光じゃないので
面白いかどうかわかりませんよ。

昆虫に興味がないと
面白くないかも知れません。