ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

私は桜の花を何回見ただろう

今日は
4月3日弁当節句
の日です。


弁当節句は
私が
小学生くらいの時まで
昭和40年頃)まで
当地で
行われていた習慣です。

その詳細は

お花見とお月見

でご覧下さい。

私は
歩き始めた頃から
きっと
弁当節句に参加していて
お花見をしていたと思います。

でも
歩くことができずに
母の背中で
おんぶされていた頃から
きっと桜を見ていたと思います。

私の家のそばには
阪急電車が通っていて
電車道には
桜が植わっていました。

その桜を
きっと見ていたと思います。

季節から言えば
63回見たと思います。

小さい時には
弁当節句を
大学生になった頃には
母とお花見に
結婚して
子供ができたら
子供たちと
そして
女房や母と
花見をしていました。

しかし
亡くなってから
もう
花見などした覚えがありません。

花を見ると
何か悲しく見えて
もう見たくないとおもいます。

花を見て
綺麗と思えるのは
幸せだからだと思います。