ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

短編ブログ小説「遊び人真一」その23

地震が起きてから
ボランティアを
ズーッと
やっていました。

ボランティアですので
何をするかは
特に決まっていませんでした。

地震から
時間が経つと
だんだんと
ボランティアの
仕事もなくなって
暇になってきました。

1年も経つと
1週間に
1日くらいしか
ボランティアはありませんでした。

何もすることもなくなって
何処にも
行かない日が増えて
書斎に
こもりっきりになっていました。

書斎で
インターネットを
していました。

当時は
インターネットゲームの様なものはなく
株の
取引でも
しようかと思い始めました。

時間がいっぱいある
真一ですから
勉強しました。

講習会にも行きました。

本も読みました。

父の残した
ノートも
よく読みました。

株をはじめて見ると
これが
真一にとっては
面白いと
思っていました。。

株をはじめると
詳細にこもる時間が
ながくなりました。

あまり感心のない妻から見ると
真一が
もっと
閉じこもるようになったと
思いました。