ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

喪中はがきが届きました。

年末になると
期せずして
喪中はがきが
届きますよね。

今日も
届きました。

15年前でしょうか。

声優希望とおっしゃるお嬢様が
近くの大学に通うために
北海道から
小社アパートに
引っ越してこられました。

毎年
ご両親のどちらかが
北海道から
来られて
私どもに
挨拶してかえられました。

卒業されて
大学に
職員として
働くことになったので
私どもの
アパートに
住み続けてくれました。

いまから
5年前
お父様が
癌になったと
お嬢様から聞いていました。

数年後
大学がなくなったので
お嬢様は
札幌の方へ
転居されました。

その後も
筆まめの
お父様は
毎年
墨も鮮やかな
年賀状を
送って下さっていました。

しかし
この
知らせです。

自衛官も
退官して
お暮らしのことと
思っていたのですが
「世の無常」を
痛切に感じます。

自衛官らしい
背筋が
ピッと伸びた
精悍な
律儀な
男性だったのですが
残念です。


私と
同年配の
人でした。

私も
逝ったときに
そんな風に
少しでも
思われるようだったら
、、、、、、、、、、
、、